創業時からのモノづくりの限界への挑戦に常にこだわり、独創的な装置を開発・生産を行っています。また、現在は高精度高繊細で大面積印刷を可能にする事に注力しています。

ウエハーへの直接印刷、導電ペーストによるガラス基材への電極印刷、プリント基板へのダイレクト印刷、ダイオードのダイレクト印刷等が精密に行うことを実現します。

ミニラボⅡ研究開発用コンパクト設計。1台で5種類の印刷方式が可能。しかもStoS,StoR,RtoSもできるので組み合わせで数通りの試験が可能です。
グラビアオフ微細印刷装置電極パターン、電磁波シールドへの多くの実績がございます。また、枚葉、RtoRへの対応が可能です。
ガラスパターン、ニッケル電鋳などの平版を使用し、版交換・版清掃等取り扱いが容易です。
マイクロレンズ、スペーサーフィルム、UV硬化を利用した微細印刷に最適
FNP微少液滴・定量液滴・微細配線描画用、微細回路描画に適しているリペア装置。欠陥検出からアニール(OP)まで自動運転可能です。
インクの付着力を利用した転写印刷装置 特徴
  • 照射のみで製版ができるので製版コストの削減が可能
  • 均一膜で細線とベタの混在印刷が可能であるためパターン設計の自由度が高い
  • インク 洗浄より短タクトで版洗浄が可能で廃液が出ない
  • 印圧によるパターンのひずみ(崩れ)が少ない
  • 有効印刷寸法 200mm×200mm
  • 基材 PET等各種プラスチックフィルム・ガラス・シリコンウエハなどに対応
  • 用途 プリンテッドエレクトロニクス、フレキシブルエレクトロニクス等
  • その他 自動アライメント機構追加可能。フレキソ、グラビアオフセット、スーパーフレキソ、反転オフセット印刷と共用可能。
参考資料
Page TOP