Blog

ブログ

社内全体研修と恒例行事のバーベキュー
2016年8月26日更新 社内だより
2016年8月26日更新 社内だより

お盆も過ぎ秋も近付きつつありますが、猛暑が続いております。

 

今回は弊社での恒例行事である、社内全体研修とバーベキューのことをご紹介いたします。

 

弊社は、階層別研修を定期的に行っており、管理職と準管理職に関しては「管理職向け研修」と称し、月次で多岐に渡る項目の研修を7年ほど前から行っております。通常では、その研修で学んだことを受講者である管理職が部内に展開するのですが、年に2回(7月・12月)は、全社員が集まり研修が開催されます。その全体研修後には、7月にはバーベキュー、12月には忘年会を行い、業務内・外での交流を行っております。

 

今回の7月の研修は、まず、社外講師から「イノベーション」をテーマに、中小企業だからこそイノベーションを起こすべきであることや、今、産学連携や外部研修機関との共同研究などを弊社でも行っておりますが、これは、オープンイノベーションの取り組みの一種であることを学びました。

そして、弊社社長の丸野から、継続企業の前提(ゴーイングコンサーン)について、美津濃株式会社の事例を基に説明があり、その後は日本電子精機株式会社の創業からの歴史についての紹介がありました。

HPの事業紹介に記載のとおり、弊社は印刷関連装置や化成品の製造などを現業としておりますが、創業当初は、それらの事業にはまだ参入しておらず、計算機やパチンコ球の計数機、粉薬の分包機などを製造しておりました。

この歴史については、また、別の機会で触れたいと思います。

これらの歴史の話のなかで、諸先輩がイノベーションを絶えず起こした結果、今の弊社があるということがよく分かりました。

今回の研修では、山本特殊鋼株式会社の山本社長にオブザーバーとしてご参加いただき、最後に講評をいただきました。

 

研修が終わり、バーベキューが開催されました。

日頃、違う部署なのであまり交流がない人ともお酒を囲みながら、楽しい時間を過ごしました。

 

 

関連ニュース

関連アイテムはまだありません。

Instagram

News MENU
Page TOP